紹介

> kocca 紹介 > 紹介
Facebook Twitter Me2day
韓国コンテンツ振興院は大韓民国コンテンツの活性化を目標に、
常に身近にあります。

韓国コンテンツ振興院(以下、振興院)は2009年5月7日、文化産業の振興発展をサポートするため、文化産業振興基本法31条に基づき、韓国映像産業振興院、韓国文化コンテンツ振興院、韓国ゲーム産業振興院、文化コンテンツセンター、韓国ソフトウェア振興院、デジタルコンテンツ事業団をひとつに総合して設立された公共機関です。

全分野を総合した総括振興機関としてコンテンツ産業の育成のための総合サポート体制を構築し、世界5大コンテンツ大国の実現をビジョンとしています。

韓国コンテンツ振興院は、韓国のコンテンツ産業が創造経済をリードするグローバル リーダーに成長できるように様々な支援事業を繰り広げています。

まず、コンテンツ産業の振興の上にポリシーを開発し、創造力の根幹となる人的資源を確保するために人材育成事業を推進します。また、コンテンツの企画から開発、商品化の段階まで、特化されたCT技術の開発をサポートし、コンテンツ産業を輸出産業に成長させるための様々な海外進出サポート事業を推進しています。その他、デジタル放送の映画のサポート、ゲーム流通活性化事業、文化コンテンツ創造素材の拡充のためのデジタルコンテンツ化事業等をなどを繰り広げています。

韓国コンテンツ振興院はコンテンツ融合環境に能動的に対応し、選択と集中を統合キラーコンテンツを育成して世界の市場をリードしていく計画です。

문서 맨 처음으로 이동