Facebook Twitter Me2day

韓国コンテンツ振興院米国ビジネスセンターは2004年、ロサンゼルスに開所し、韓国コンテンツ企業の米国進出に向けた窓口の役割を担っております。ロサンゼルスには、米国のエンターテイメント産業の中心地であるハリウッドがあります。センターはこのような地域のメリットを生かして国内コンテンツ産業の活性化を目指し、コンテンツ関連事業の動向および輸出情報の提供、マーケティング支援、韓国コンテンツ事業の広報などに取り組んでおります。

KOCCA アメリカ事務所

はじめまして。

韓国コンテンツ振興院米国ビジネスセンター・センター長、キム・チョルミンと申します。

米国はワーナー・ブラザースやディズニー、フォックスなど、世界有数のメディア企業が布陣している世界最大のエンターテイメント国です。つまり、米国での成功はグローバルマーケットでの成功を意味すると言えます。本センターは韓国コンテンツの米国市場への進出支援はもちろん、関連企業のビジネスネットワークを構築し、皆さまの米国進出の成功のために最善を尽くしてサポートしております。引き続き、本センター事業及び活動への変わらぬご関心、ご参加をお願い申し上げまして、皆さまのビジネスを実質的にサポートできますよう、一層努力してまいります。

ありがとうございます。

 

所長: キム・イルジュン photo
米国センター・センター長
       キム・チョルミン

 

 

문서 맨 처음으로 이동